漱石と文人たちの書画展:神奈川近代文学館

2011年6月25日
横浜の神奈川近代文学館で開催中、
「漱石と文人たちの書画展」へ行く。
 
神奈川近代文学館
 
横浜にヤボ用があり、たまたま元町・中華街駅を下りたときに見つけた
漱石と文人たちの書画展、というのに行ってきました。
場所は港の見える丘公園の中にある県立神奈川近代文学館というところで、
駅から向かうとちょっと坂道がきつかったですが、
なかなかよい眺めを愉しみつついざ建物へ。
 
会場では漱石以外にも、高浜虚子、芥川龍之介、武者小路実篤、志賀直哉などなど、
以外に盛り沢山な展示内容でした。
絵ではないけど、正岡子規から漱石にあてて出された手紙がおもろー。
漱石の俳句に子規が添削を加えて返信したものですが、
子規の駄目だしっぷりたるや、ぜひ現物をお見逃しなく。
併設の常設展もいい感じでした。
いろいろな作家の生原稿が展示されていて、
筆跡とか字くせの違いにほほうぅと。
とんがって男臭いイメージがあるのに、
村上龍ったら、かわいらしい丸文字気味。字は人を表す、んでしたっけ。
 
 
文学館へ
橋、
 
神奈川近代文学館
を超えると文学館
 
港の見える丘公園
途中、港を望む
 
猫象
本日、猫の予感
 
夏目漱石
我が輩は猫でない
 
あかざと黒猫図
夏目漱石「あかざと黒猫図」(部分)
 
道草 表紙
津田青楓「夏目漱石『道草』表紙」(部分)
 
J PASTA
ランチは元町のJ PASTAにて
 
しらすパスタ
しらすパスタ、病みつきになる美味さ
 
横浜キャッツ
ヤボ用へ
 
 
覚え書き
・初心者がやりがちなこと、非俳句、マヅイ
  → 子規から漱石への駄目出し(一部)
・武者小路実篤「運命と碁する男」、なかなかインパクトのある絵
・三島由紀夫は文字がよくもわるくも美しい印象、
 五木寛之はかなり個性的な文字を描く、
 作家の印象と文字は微妙にリンクするんだなー
・やめられない、とまらない、しらすパスタ
・「ネコはイヌにあらずー」by 横浜キャッツ大合唱団