駒沢公園 自由広場:駒沢大学

2011年3月19日
うららかな気候に誘われ、
駒沢オリンピック公園総合運動場内にある自由広場へ。
 
駒沢公園とスニーカー
 
東日本大震災発生から1週間余りが経過しました。
 
震災の影響が大きい地域では予断ならぬ状況が続く中、
首都圏に暮らす方々も、いつもとは違う毎日に、
疲労やストレスが相当たまっていることだと思います。
かくいう自分も恐らく。
 
この3連休、考え込めば考え込むほど、
ポジティブな状況になれそうにないなと、そしてそれはあまり宜しくないなと、
そんな思いから、折角天気もいいことだし、
春のうららかな気候に誘われ(花粉症はとても辛かったけども)、
自転車でちょっと頑張れば行ける距離にある、駒沢公園に行ってきました。
いざピクニック。
 
駒沢公園は、正式名称を駒沢オリンピック公園総合運動場と言うそうですが、
東京にある他の大型公園に比べて、
ストイックにスポーツにいそしむ人達が非常に多い。
特に昨今のマラソンブームの影響か、まじめに走っている人がたくさん。
あまりピクニックというノリではない周囲の雰囲気に、怖じ気づいてワナワナ歩いていると、
自由広場、という小高い丘の芝スペースがありました。
着いたのはお昼ちょっと前で人は少なかったものの、
ベンチにこしかけランチを楽しんでいると、徐々に同じように、
ストイックな運動とは違う目的で公園にやってきた人々が集まりはじめ、
青空の下はとても気持ちよく、途中のパン屋で購入したこじゃれたパンであるとかを、
美味しく食べました。いただきます。ごちそうさま。
 
近くでシートを広げていた家族づれのお父さん、
遠くて近くの社会状況が気になるのか、ラジオを響かせている様子。
ニュースを聞いているかと思うと、
途中から津軽三味線がバシバシと流れていて、
威勢のよいバチさばきがソウルフルだなと、横からしばらく聞き入ってしまいました。
 
 
自由広場
自由広場。小高い丘の芝生地帯。おだやかな
 
駒沢公園でランチ
ランチは公園に行く途中で買い集めたものを
 
走り疲れて休む人
走り疲れて休む人。携帯でビビビ
 
休むハト
休むハト。ポカポカと
 
寝る人と縄跳びする人
寝る人と縄跳びする人。コンポジション
 
漫画を読むカップル
漫画を読むカップル。和み
 
パティスリー タダシ ヤナギ
ジュピター
おまけ。公園の先にあるパティスリー・タダシ・ヤナギにも行ってきました。
写真のプチガトーは「ジュピター」
 
 
覚え書き
・駒沢公園は全体的にマジメにスポーツしている人が多い。
 井の頭公園や日比谷公園、代々木公園などなど、
 東京は公園によって、社風というか、公園風があるなと学ぶ
・駒沢公園に行く途中の自由通り沿いにあるマルエツ、
 震災の影響で多くの食べ物が品切れ。パン類の売れっぷりは、ここでもすごい
・とにもかくにも、久しぶりの公園でのピクニック。
 もちろん、世の現実をきちんと直視する必要はありますが、
 情報の洪水からちょっと外れるだけでも、気分が大分気が晴れるなあ。
 来週もまた、頑張ります
・ソロモン流で取り上げられていた柳正司さんのお店、
 都立大学にあるパティスリー・タダシ・ヤナギへ。
 どんな状況にあっても人を喜ばせる力がある、お菓子って、偉大だなあと
 パティスリー・タダシ・ヤナギで購入したもの
 ◎ジュピター
 ◎デリス・ピスターシュ
 ◎モカ・ドール