ロハスデザイン大賞 新宿御苑展:新宿御苑

2010年5月16日
最終エントリー作品を展示するエキシビション、
「第5回ロハスデザイン大賞2010 新宿御苑展」へ行く。
 
第5回ロハスデザイン大賞2010
 
週末、気持ちのいい晴れの日が続きます。
美術館とか映画とかそんなのもよいのだけど、
青空がもったいないなーという気持ちがやはりありましたので、
ここは、アウトドアなスペースに行くぞ、と、
大都会東京にある緑のオアシス、新宿御苑に行ってきました。
 
ロハスデザイン大賞というのは、
ロハスクラブという組織が
ロハスなヒト、モノ、コト(なんかここのブログ名のような・・・)を
毎年表彰しているものだそう。
環境やエコと言わずに、ロハス、というところに、
この賞の特長があるのでしょうか。
最終エントリー作品それぞれに、当日、新宿御苑を訪れた人たちが
気軽に投票できるしくみなんかも整えていて、
うまくみんなを巻き込みながら、カッコよくエコしようぜと、
そんな雰囲気づくりがとても上手いなあと思いました。
 
基(もとい)、今回はロハスデザイン大賞もよかったけど、
何よりも新宿御苑の緑の芝生がとても気持ちよかったー。
恥ずかしながら、芝生の上ででんぐり返しをしてしまったのですが、
屋外で大人がでんぐり返ししてしまう状況というのは、
なかなか難しいわけで、ただ緑が広がっているというのは、すごいああと。
 
今回のロハスデザイン大賞、
個人的には、都会にある気持ちのいい自然空間を思い出させてくれて、
それが一番よかったのかと思いました。
ヒルズとかミッドタウンとかマルビルとか、
そういうところでやらず、新宿御苑に集めたことが偉い。天晴れ。
 
新宿御苑で貴族昼寝
うららかな新宿御苑にはビーナス増殖中
 
チェンソーカービングによるフクロウ彫刻
チェンソーカービングの実演。木くずのニオイがロハス
 
ロハスアンブレラ(最終エントリー作品展示スペース)のようす
ロハスアンブレラ(最終エントリー作品展示スペース)
 
新宿御苑のバラ
バラもとてもきれい。種類も豊富。マイク真木もびっくり
 
覚え書き
・青ーい(空が)、緑ーい(芝が)
・新宿御苑は入園料があるので、いい感じで人数が抑えられ、
 のびのび芝生でんぐり返し派にはおすすめ
・新宿御苑はバラ縁が見事。名前が多種多彩なのも面白かった。
 印象に残った名前は「チンチン」