マリ・クレール祭り 2010:自由が丘

2010年5月22日
自由が丘で開催されたフェスティバル、
「マリ・クレール祭り 2010」へ行く。
 
マリ・クレール祭り 2010
 
自分は結構引っ越しをしたりするのですが、
遊びに行くのに良い町と、住んでみて良い町っていうのは
ちょっとニュアンスが違うなあと感じます。
外から見ると魅力的に見えたことも、
実際に住んでみると、それが日常になりすぎてあまり重要でなくなったり、
意外に住んでみるとこの町のこういう所って、
隠されたいいところだなと気づいたりします。
 
で、自由が丘。今住んでいる自分にとって、この町の魅力だなあと思えるのは、
スイーツでもなく、カフェでもなく、ブランド店でもなく、
ずばり、マリ・クレール通りです。
この通りがおしゃれな空間だなという認識は住む前からあったけど、
毎日の通勤で通る場所になると、
また違った気持ちで見るようになりました。
朝、付近のお店の人達が仕事はじめの準備をしていたり、
帰り際には、仕事終わりの人達がベンチに腰掛けて、酒を飲んでいたり。
ほどよく閉鎖されていて、ベンチがいつもあいていて、
とにかく、ときに自分も腰掛けて、ボーっとしていると
何か背伸びをしておされな時間を過ごしているような、そんな気持ちになれます。
特に、夜遅くに帰ってきたときには、人があんましいなくて、
その静けさもまたいとをかしです。
そういえば、ここの木々はすべて桜で、花見の季節は朝桜も夜桜もとてもきれいです。
 
今年のマリ・クレール祭りもとてもにぎやかに盛り上がっていました。
露天で多くの人達がボトルワインを購入して、
家族や友人、恋人達と幸せそうに宴を催していて、
かくいう自分も、いつもいっしょにいるとある人物と
ボトルワインを2本も空けてしまいました。ギンギンに冷えていて美味しかったー。
 
マリ・クレール通りとワイン
通り沿いに露店が並ぶ。ワインがこれでもかと充実
 
昼間のマリ・クレール祭りの様子
祭り昼間の様子。人はまだ空いている時間帯
 
マリ・クレール祭りと宇野ゆう子
宇野ゆう子さんがサザエさんテーマ曲を熱唱
 
マリ・クレール祭りの夜の様子
祭り夜は大賑わい
 
マリ・クレール祭りにてワイン1本目
マリ・クレール祭りにてワイン2本目
ワインを二本も空けてしまいました
 
 
覚え書き
・夜に外で飲むギンギンに冷えたワインは美味しい。かなり酔ったけど
 大人な人が多くて、悪酔いして暴れている人いなかった。ここらへんが自由が丘
・サザエさんのテーマ曲はおいておいて、
 それ以外に歌われていたシャンソンの選曲がナイス。
 男と女の欲望うずめく歌詞が、マリ・クレール通りにこだまする面白さ
 例:「ろくでなしー」「アムステルダムでは女が金貨一枚をもとめてー」
・焼きそばの大盛りっぷりが、他の祭りの売店と比べてもすさまじかった
・あ、来年もまた参加決定