にんにくせんべい:板橋

2012年5月26日
板橋にある煎餅屋「手焼 栗山せんべい」へ。もわーっと、にんにくせんべい。
 
手焼 栗山せんべい
 
激辛っ、というのはあります。トムヤンクンとか、タバスコかけ過ぎたパスタとか。
激酸っ、っていうのもあるか。かむかむレモン食べたときとか、
シークワーサーの原液もかなり酸っぱい。
激甘っ、ていうのは、何だろう、たまに「お腹が空いたらスニッカーズ」を口にすると、
ちょっと甘さが過ぎるかも。ところで、激ニンニク、というのは如何。もわもわもわ。
 
先日、とある親戚との食事会で、にんにくが過ぎる煎餅があるという情報を聞き、
発想としては確かにありそうだけど、そんな実物があるんだぁ、
と、ぼんやり頭の隅に残っていたんですが、ふと思い立ち、
その店に行ってきました。場所は板橋駅。
 
昔ながらの商店街を通り抜け(駄菓子屋がいい感じ)、
大きな通り沿いに見えるのが「手焼 栗山せんべい」。
一見、普通のせんべい屋ですが、こじんまりとした作りの店内に、
目当てのニンニクせんべいが並んでました。3コ入りで、確か150円程度。
1コ入りもあったので、帰り道に買い食いしたんですが、
開封しただけで、ニンニク臭がもわもわもわ。
ここまでガツンと、ニンニクで勝負してくる食べ物はあったでしょうか。
病みつきになる味です。手みやげとしても、インパクトがあって面白いかも。
くれぐれも、帰りの電車で、ニンニク公害まき散らしにご注意ください。
 
 
にんにくせんべいをかじる
開封。に、にん、にく、、、ぐはっ
 
にんにくせんべいとラベル
ニンニク臭に驚き、パンドラの箱に戻す
 
板橋の駄菓子屋
Y字路に駄菓子屋。風情有り
 
おせんべいやさん本舗
おまけ。近くの大山商店街にある「おせんべいやさん本舗」。
ここの黒胡椒煎餅もなかなか病みつき系です
 
 
覚え書き
・こうなると、他にもマニアックな煎餅がないか知りたくなる今日この頃
・3コ入りがマックスで、それ以上にたくさん入っているパッケージは
 自分が行ったときは売ってませんでした
・嗚呼、ニンニク中毒
・袋を開けて、もわっとニンニクの匂いがしたとき、
 思わず「ほほぅ」とにやけてしまうのは何故でしょう