横山幸雄 ショパン・ピアノソロ完全奏破:東京オペラシティ

2011年5月3日
東京オペラシティ コンサートホールで開催、
横山幸雄 ショパンピアノソロ完全奏破全212曲
世界記録更新チャレンジコンサートへ。
 
横山幸雄 ショパン・ピアノソロ完全奏破
 
今年はなかなか暦の上では
祝日の続かないゴールデンウィークでしたが、
折角だから何かしたいなと思っていて、
面白そうなイベントを運がいいことに見つけたので行ってきました。
 
東京オペラシティで午前8時からはじまったコンサートは、
ショパンが生涯に残したピアノソロ曲全212曲を
たった一日で一人のピアニストが奏するというもので、
時間にすると
午前8時からはじまり翌朝2時に終わるという、長丁場。
もちろん、途中には休憩の時間がちょこちょこ入りますが、
一人で力強く鍵盤を叩き続けた横山さんは、
本当に超人。生きた伝説になりました。
 
一曲一曲、
ときには噛みしめながら、
ときには頭を空っぽに、
ときには212曲の音楽模様に人生の縮図が
表現されているのではないかと考え込んだりもしながら、
あと疲れてきたら転た寝もし、
何とも言えぬ充実した音楽を愉しむことができました。
神がかっていた英雄ポロネーズは、とにかく凄かった。
もうあの夢のような一時が終わってしまったのかと思うと、
とてもとても寂しい心持ち。まだ余韻が残っています。
人生変わるかもと思うぐらい、
いやー、まじで、今回はよかったです。
 
 
開演前
コンサート前。早朝にして行列
 
スタンド花
お祝いの花。辻井伸行さんのお名前も
 
0曲目
電光掲示板のカウントはゼロ

観客席
コンサート前の客席 
 
 
●第一部 パート1 (12曲)
朝8:00〜
 
001 ポロネーズ ト短調 WN2 (1817)
002 ポロネーズ 変ロ長調 WN1 (1817)
003 ポロネーズ 変イ長調 WN3 (1821)
004 ポロネーズ 嬰ト短調 WN4 (1824)  
005 ポロネーズ 変ロ短調 WN10 (1826)
006 マズルカ ニ長調 (1820)
007 マズルカ 変ロ長調WN7 (1826)
008 マズルカ ト長調WN8 (1826)
009 ロンド ハ短調 op.1
010 マズルカ風ロンド ヘ長調 op.5
011 ロンド ハ長調 WN15 (1828 op.73)
012 ソナタ 第1番 ハ短調 op.4
 
●第一部 パート2 (22曲)
午前9:25〜
 
013 ドイツ民謡『スイスの少年』による変奏曲 ホ長調 WN6 (1824)
014 葬送行進曲 ハ短調 WN9 (1828 op.72-2)
015 エコセーズ ニ長調 WN13 (1826 op.72-3)
016 エコセーズ ト長調 WN13 (1826 op.72-3)
017 エコセーズ 変ニ長調 WN13 (1826 op.72-3)
018 変奏曲 パガニーニの思い出 イ長調 WN16 (1829)
019 コントルダンス 変ト長調 WN27 (1827)
020 アレグレット 嬰ヘ長調 WN36 (1829)
021 マズルカ イ短調 WN14 (1827 op.68-2)
022 マズルカ ハ長調 WN24 (1829 op.68-1)
023 マズルカ ヘ長調 WN25 (1830 op.68-3)
024 マズルカ ト長調 WN26 (1830 op.67-1)
025 ポロネーズ ニ短調 WN11 (1825-27 op.71-1)
026 ポロネーズ ヘ短調 WN12 (1826-28 op.71-3)
027 ポロネーズ 変ロ長調 WN17 (1829 op.71-2)
028 ポロネーズ 変ト長調 WN35 (1830)
029 ワルツ 変ホ長調 (1827)
030 ワルツ ホ長調 WN18 (1829)
031 ワルツ ロ短調 WN19 (1829 op.69-2)
032 ワルツ 変ニ長調 WN20 (1829 op.70-3)
033 ワルツ 変イ長調 WN28 (1829-30)
034 ワルツ ホ短調 WN29 (1830)
 
●第一部 パート3 (26曲)
午前10:50〜
 
035 マズルカ 第1番 嬰ヘ短調 op.6-1
036 マズルカ 第2番 嬰ハ短調 op.6-2
037 マズルカ 第3番 ホ長調 op.6-3
038 マズルカ 第4番 変ホ短調 op.6-4
039 マズルカ 第5番 変ロ長調 op.7-1
040 マズルカ 第6番 イ短調 op.7-2
041 マズルカ 第7番 ヘ短調 op.7-3
042 マズルカ 第8番 変イ長調 op.7-4
043 マズルカ 第9番 ハ長調 op.7-5
044 ノクターン ホ短調 WN23 (1827 op.72-1)
045 ノクターン 嬰ハ短調 WN37 『レント・コン・グラン・エスプレッシオ-ネ』 (1830)
046 ノクターン 第1番 変ロ短調 op.9-1
047 ノクターン 第2番 変ホ長調 op.9-2
048 ノクターン 第3番 ロ長調 op.9-3
049 エチュード 第1番 op.10-1 ハ長調
050 エチュード 第2番 op.10-2 イ短調
051 エチュード 第3番 op.10-3 ホ長調 『別れの曲』
052 エチュード 第4番 op.10-4 嬰ハ短調
053 エチュード 第5番 op.10-5 変ト長調 『黒鍵』
054 エチュード 第6番 op.10-6 変ホ短調
055 エチュード 第7番 op.10-7 ハ長調
056 エチュード 第8番 op.10-8 ヘ長調
057 エチュード 第9番 op.10-9 ヘ短調
058 エチュード 第10番 op.10-10 変イ長調
059 エチュード 第11番 op.10-11 変ホ長調
060 エチュード 第12番 op.10-12 ハ短調 『革命』
 
 
ロビー
昼のロビー
 
昼食
外で昼食
 
サンドウィッチ
リストランテG 海老とブロッコリーのサンドウィッチ
 
 
●第二部 パート1 (12曲)
昼12:30〜
 
061 華麗なる変奏曲 変ロ長調 op.12
062 ノクターン 第4番 ヘ長調 op.15-1
063 ノクターン 第5番 嬰ヘ長調 op.15-2
064 ノクターン 第6番 ト短調 op.15-3
065 序奏とロンド 変ホ長調 op.16
066 マズルカ 第10番 変ロ長調 op.17-1
067 マズルカ 第11番 ホ短調 op.17-2
068 マズルカ 第12番 変イ長調 op.17-3
069 マズルカ 第13番 イ短調 op.17-4
070 ワルツ 第1番 変ホ長調 op.18 『華麗なる大円舞曲』
071 序奏とボレロ ハ長調 op.19
072 スケルツォ 第1番 ロ短調 op.20

●第二部 パート2 (22曲)
午後1:55〜
 
073 アンダンテ・スピアナートと華麗なる大ポロネーズ 変ホ長調 op.22
074 マズルカ ニ長調 (1832)
075 マズルカ 変ロ長調 WN41 (1832)
076 マズルカ ハ長調 (1833)
077 マズルカ 変イ長調 WN45 (1833)
078 マズルカ ハ長調 WN48 (1835 op.67-3)
079 ワルツ 変ト長調 WN42 (1832 op.70-1)
080 ワルツ 変イ長調 WN47 (1835 op.69-1)
081 カンタービレ 変ロ長調 WN43 (1834)
082 プレリュード 変イ長調 WN44 (1834)
083 幻想即興曲 嬰ハ短調 WN46 (1834-35 op.66)
084 ラルゴ 変ホ長調 (1837)
085 春 ト短調 WN52a (1838)
086 変奏曲 ヘクサメロン 第6変奏 ホ長調 (1837)
087 3つの新しいエチュード 第1番 ヘ短調 (1837)
088 3つの新しいエチュード 第2番 変イ長調 (1837)
089 3つの新しいエチュード 第3番 変二長調 (1837)
090 マズルカ 第14番 ト短調 op.24-1
091 マズルカ 第15番 ハ長調 op.24-2
092 マズルカ 第16番 変イ長調 op.24-3
093 マズルカ 第17番 変ロ短調 op.24-4
094 バラード 第1番 ト短調 op.23
 
●第二部 パート3 (21曲)
午後3:20〜
 
095 ポロネーズ 第1番 嬰ハ短調 op.26-1
096 ポロネーズ 第2番 変ホ短調 op.26-2
097 ノクターン 第7番 嬰ハ短調 op.27-1
098 ノクターン 第8番 変ニ長調 op.27-2
099 即興曲 第1番 変イ長調 op.29
100 マズルカ 第18番 ハ短調 op.30-1
101 マズルカ 第19番 ロ短調 op.30-2
102 マズルカ 第20番 変ニ長調 op.30-3
103 マズルカ 第21番 嬰ハ短調 op.30-4
104 エチュード 第1番 変イ長調 op.25-1 『エオリアンハープ』
105 エチュード 第2番 ヘ短調 op.25-2
106 エチュード 第3番 ヘ長調 op.25-3
107 エチュード 第4番 イ短調 op.25-4
108 エチュード 第5番 ホ短調 op.25-5
109 エチュード 第6番 嬰ト短調 op.25-6
110 エチュード 第7番 嬰ハ短調 op.25-7
111 エチュード 第8番 変ニ長調 op.25-8
112 エチュード 第9番 変ト長調 op.25-9 『蝶々』
113 エチュード 第10番 ロ短調 op.25-10
114 エチュード 第11番 イ短調 op.25-11 『木枯らし』
115 エチュード 第12番 ハ短調 op.25-12 『大洋』
 
 
夕食
ちょっと早めの夕食を求めて皆移動
 
サブウェイ
サンドウィッチ2回目
 
 
●第三部 パート1 (32曲)
午後5:30〜
 
116 ノクターン 第9番 ロ長調 op.32-1
117 ノクターン 第10番 変イ長調 op.32-2
118 マズルカ 第22番 嬰ト短調 op.33-1
119 マズルカ 第23番 ニ長調 op.33-2
120 マズルカ 第24番 ハ長調 op.33-3
121 マズルカ 第25番 ロ短調 op.33-4
122 マズルカ イ短調 『ノートル・タン』 (1840)
123 マズルカ イ短調 『エミール・ガイヤールへ』 (1841)
(124 スケルツォ 第2番 変ロ短調 op.31)※第三部 パート2で演奏
125 プレリュード 第1番 ハ長調 op.28-1
126 プレリュード 第2番 イ短調 op.28-2
127 プレリュード 第3番 ト長調 op.28-3
128 プレリュード 第4番 ホ短調 op.28-4
129 プレリュード 第5番 ニ長調 op.28-5
130 プレリュード 第6番 ロ短調 op.28-6
131 プレリュード 第7番 イ長調 op.28-7
132 プレリュード 第8番 嬰ヘ短調 op.28-8
133 プレリュード 第9番 ホ長調 op.28-9
134 プレリュード 第10番 嬰ハ短調 op.28-10
135 プレリュード 第11番 ロ長調 op.28-11
136 プレリュード 第12番 嬰ト短調 op.28-12
137 プレリュード 第13番 嬰ヘ長調 op.28-13
138 プレリュード 第14番 変ホ短調 op.28-14
139 プレリュード 第15番 変ニ長調 op.28-15 『雨だれ』
140 プレリュード 第16番 変ロ短調 op.28-16
141 プレリュード 第17番 変イ長調 op.28-17
142 プレリュード 第18番 ヘ短調 op.28-18
143 プレリュード 第19番 変ホ長調 op.28-19
144 プレリュード 第20番 ハ短調 op.28-20
145 プレリュード 第21番 変ロ長調 op.28-21
146 プレリュード 第22番 ト短調 op.28-22
147 プレリュード 第23番 ヘ長調 op.28-23
148 プレリュード 第24番 ニ短調 op.28-24
 
●第三部 パート2 ( 18曲)
夕方6:55〜
 
124 スケルツォ 第2番 変ロ短調 op.31 ※さっき飛ばした曲を演奏
 
149 即興曲 第2番 嬰ヘ長調 op.36
150 ノクターン 第11番 ト短調 op.37-1
151 ノクターン 第12番 ト長調 op.37-2
152 ワルツ ヘ短調 WN55 (1841 op.70-2)
153 ワルツ イ短調 WN63 (1847-49)
154 アレグレットとマズール イ長調
155 ソステヌート 変ホ長調 WN53 (1843)
156 フーガ イ短調 (1841-42)
157 モデラート 『アルバムの一葉』 ホ長調 WN56 (1843)
158 ギャロップ・マルキ 変イ長調 WN59 (1846)
159 ノクターン ハ短調 WN62 (1845-46)
160 ブーレ ト長調 (1846)
161 ブーレ イ長調 (1846)
162 ワルツ 第2番 変イ長調 op.34-1 『華麗なる円舞曲』
163 ワルツ 第3番 イ短調 op.34-2 『華麗なる円舞曲』
164 ワルツ 第4番 ヘ長調 op.34-3 『華麗なる円舞曲』
165 ソナタ 第2番 変ロ短調 op.35 『葬送』
 
●第三部 パート3 (13曲)
夜8:20〜
 
166 バラード 第2番 ヘ長調 op.38
167 スケルツォ 第3番 嬰ハ短調 op.39
168 ポロネーズ 第3番 イ長調 op.40-1 『軍隊』
169 ポロネーズ 第4番 ハ短調 op.40-2
170 マズルカ 第26番 ホ短調 op.41-1
171 マズルカ 第27番 ロ長調 op.41-2
172 マズルカ 第28番 変イ長調 op.41-3
173 マズルカ 第29番 嬰ハ短調 op.41-4
174 ワルツ 第5番 変イ長調 op.42 『大円舞曲』
175 タランテラ 変イ長調 op.43
176 ポロネーズ 第5番 嬰ヘ短調 op.44
177 プレリュード 嬰ハ短調 op.45
178 演奏会用アレグロ イ長調 op.46
 
 
夜
夜。第四部の行列
 
 
●第四部 パート1 (10曲)
夜10:00〜
 
179 バラード 第3番 変イ長調 op.47
180 ノクターン 第13番 ハ短調 op.48-1
181 ノクターン 第14番 嬰ヘ短調 op.48-2
182 幻想曲 ヘ短調 op.49
183 マズルカ 第30番 ト長調 op.50-1
184 マズルカ 第31番 変イ長調 op.50-2
185 マズルカ 第32番 嬰ハ短調 op.50-3
186 即興曲 第3番 変ト長調 op.51
187 バラード 第4番 ヘ短調 op.52
188 ポロネーズ 第6番 変イ長調 op.53 『英雄』
 
カウントは188
英雄ポロネーズの後。興奮冷めやらない瞬間
 
 
●第四部 パート2 (8曲)
夜11:25〜
 
189 スケルツォ 第4番 ホ長調 op.54
190 ノクターン 第15番 ヘ短調 op.55-1
191 ノクターン 第16番 変ホ長調 op.55-2
192 マズルカ 第33番 ロ長調 op.56-1
193 マズルカ 第34番 ハ長調 op.56-2
194 マズルカ 第35番 ハ短調 op.56-3
195 子守歌 変ニ長調 op.57
196 ソナタ 第3番 ロ短調 op.58
 
●第四部 パート3 (16曲)
深夜0:50〜
 
197 マズルカ 第36番 イ短調 op.59-1
198 マズルカ 第37番 変イ長調 op.59-2
199 マズルカ 第38番 嬰ヘ短調 op.59-3
200 舟歌 嬰ヘ長調 op.60
201 ノクターン 第17番 ロ長調 op.62-1
202 ノクターン 第18番 ホ長調 op.62-2
203 マズルカ 第39番 ロ長調 op.63-1
204 マズルカ 第40番 ヘ短調 op.63-2
205 マズルカ 第41番 嬰ハ短調 op.63-3
206 マズルカ イ短調 WN60 (1846 op.67-4)
207 マズルカ ト短調 WN64 (1846 op.67-2)
208 マズルカ へ短調 WN65 (1848 op.68-4)
209 ワルツ 第6番 変ニ長調 op.64-1 『小犬のワルツ』
210 ワルツ 第7番 嬰ハ短調 op.64-2
211 ワルツ 第8番 変イ長調 op.64-3
212 ポロネーズ 第7番 変イ長調 op.61
 
 
212
212曲完全奏破。おつかれさまでした
 
 
 
覚え書き
・午前8時からのスタート。
 はじめの休憩時間には、ホールで持参のおにぎりを食べる人有り。
 中にはビールを飲む人も。
 クラシックのコンサートに行くのは、はじめてだったけど、
 演奏開始前、あるいは、途中の休憩時間に
 ホールに人が集まる感じというのは、
 なかなかコンサートならではの風景だなと思う
・パンフレット購入。212曲すべてに横山さんの曲紹介付き。
 今回のコンサートの必需品でした。
 1000円と値段もお手頃
・ピアニストは演奏中、ピアノの設置姿の関係で、
 必ず客から45度背いた姿勢になる。
 客とは正面で向かい合わず、楽器とだけ正面で向かい合うということが、
 もしかするとピアノを演奏することなのかなあと
・休憩時間は毎回舞台に調律の人。舞台裏でも長丁場の闘い
・客席、両隣がウトウトと眠りにつきはじめると、
 オセロ効果のように、気がつくと自分もウトウトと
 (逆に返ってウトウトしないこともありましたが)
 →どんなに素晴らしい芸術の前にあっても、
  眠くなる瞬間があるのが人間なのである、と自分に言い聞かす
・横山さん、ときに指をポキリと鳴らす
・ホールにて、ピアノの販売コーナーのような場所があって、
 そこでピアノの試演奏をしている人のレベルが
 めちゃくちゃ高い。ビックカメラでは見られぬスペクタクル
・廊下でラスクを美味そうに食べる親子、
 「音が柔らかいね」と言う奥様方がその横を通る
・休憩終わりを知らせる鐘の音、羊のように皆自分の席へ
・クーラーが抑えられていて、やや暑い会場。
 演奏とか人の熱気が凄かったということなのかも
・横山さんの演奏はすべて暗譜。天才の記憶力って凄い
・2食連続でサンドウィッチ。
 1食目は横山さんプロデュースの店、2食目はサブウェイで
・舞台上、ピアノの横には電光掲示板。
 一度、表示がズレたことがあったけど、会場はやや混乱。
 デジタルに踊らされている感じ、
 こういうところにも人生の縮図哉
・ショパン32歳作「英雄ポロネーズ」。
 ショパンの魂が乗り移った降臨演奏。
 会場全員が息を飲んでこの曲を待っていたかのような、
 演奏がはじまる瞬間の空気感。
 鳥肌がザワーっと。
 ふと、モナリザと出会ってこんなに興奮するだろうか、と思う。
 (モナリザ見たことないけど)
 静的芸術と動的芸術の違いなんぞについても
 ちょっとだけ考えたりしながら、
 ただただ高揚。ああ、終わって欲しくない
・212曲奏破後、ギネス認定式。
 横山さん曰く、
 「高いクオリティで」
 「今回の震災にあたって、音楽家として何ができるのかと考えた」
 「こういう時期だからこそ、音楽家をやっていてよかったと
  思える瞬間をまた味わいたい」
・全212曲、ショパンという人間に対峙するということ、
 横山幸雄という人間に対峙するということ。
 約18時間の演奏に言葉はないけれど、
 何か時空を超えたコミュニケーションを二人できたような、
 不思議な感覚
・終了後、みんな帰れたのでしょうか。
 コンサート中に大雨があったようで、地面は濡れた状態。
 新宿に歩いて向かう行列に加わり、
 深夜の東京を久しぶりに散歩。タクシーで帰宅。
 帰ったら前日に目覚めてから24時間が経っているあたりで、
 気づいたら炬燵で爆睡。zzz。
・これからショパンのピアノソロ曲を聴くと、
 「あ、あのコンサートで聞いた曲だ」と必ず思えるわけで、
 それはとても贅沢なことだぞ、と思う今日この頃です