最相葉月×瀬名秀明「未来への切符、お届けします。」:ジュンク堂 池袋本店

2010年3月6日
ジュンク堂で行われたトークセッション、
最相葉月×瀬名秀明「未来への切符、お届けします。」に行く。
 
未来への周遊券
 
ミシマ社「未来への周遊券」の刊行記念イベント。
本のネーミングが希望にあふれていて素敵だなと思い、
本の内容も両作者のこともそれほど知らない状態で、勢いで参加してきました。
 
最相さん、瀬名さん、ともに科学への強い愛情と
その可能性を伝える使命感のようなものを
しっかりとお持ちの二人である印象を受けました。
感性で言葉を発する、というよりはロジカルな話しぶりに、
物書きにもさまざまな種類の人がいるんだなと、再認識。
特に瀬名さんは作家というよりは、学者という印象が強かったです。
(実際に研究者としての肩書きもあるみたいですが)
 
トークセッションの受講者全員に、お二人のサインが入った栞が渡されました。
未来への周遊券、を連想させる粋な切符風デザイン。
出版社の方の手作りのノベルティに、
著者のお二人と読者へのあたたかな想いを感じました。
 
 
覚え書き
 
・報知新聞「100年後の予言」
・ノンフィクションは今を動かすが、小説は100年先の未来を動かす
・しめきり仕事をしている人間
・喜界島皆既日食
・結局、最初の発見は一人の脳である
・やっていることは古い新しいあるけれど、問いの立て方は古びない
・刹那的に言葉を発すると、仕事の呼吸を乱す
・科学者のモチベーションは、対象を美しいと思うこと