上村松園展:東京国立近代美術館

2010年10月1日
竹橋の東京国立近代美術館で開催中、
「上村松園展」へ行く。
 
上村松園展
 
ある時、浮世絵の展示会に行くことがありました。
日本の女性の色っぽい感じというのは、姿勢とか何気ない仕草とか悩ましげな表情とか、
そういうところにあるのかなあと、そこで感想を得て、
その後、そうした余韻を頭に残しながら日本画の展示を諸々と見ていると、
上村松園、という名前に関心を持つようになりました。
最初は女性の作家というのを知らず見ていたんですが、
彼女の描く女性の表情はいつも訴えかけてくるものがあるなーと、感じていて、
実際に女流画家だったことを知り、
確かに男とは違った視点で女性を見ているのだなと、納得がいくわけです。
 
今回はこの上村松園の名前を冠した展示会が行われるということで、
久しぶりに東西線を使い、東京国立近代美術館に行ってきました。
最近行く美術館は西洋画のものが多かったためかそれほど客層の偏りはなかったけど、
この上村松園展に関しては、
いわゆるシニア層の方々で大混雑。思わぬ人気っぷりに驚きました。
上村松園の作品はほとんどが女性を描いたもの、
ということらしく、会場の展示も美人画が中心でした。
 
「画面のなかでは時が止まってしまったようであり、
思いにふける彼女達の心の動きだけが感じ取れる」という文が会場にありました。
自分が上村松園の描く女性から受けていた印象と合致するところがあり、
上手くそれを表している言葉と出会えたのは収穫でした。
彼女の作品の魅力としてもう一つ思ったこと、
それは作品のタイトルの付け方に、とてもセンスを感じたことです。
画との響き合いが良く、どれも上手いなあと思わせるものばかりでした。
一枚購入したポストカードのタイトルは「待月」。
画中にない月をあえてタイトルで表しているところが、何とも味わい深いです。
ところで、「待月」の読み仮名をちょっと調べてみると、
「マチヅキ」と「タイゲツ」の2種類がある模様。
鑑賞側としては、どちらの読みにも良さを感じるのですが、いと悩ましき哉。
 
 
待月
「待月」
 
 
覚え書き
・「簡潔な身振りに感情を凝縮させるという謡曲の手法」
・気品を感じるからこそ、ちょっとした表情や仕草にも重みが出る
・次の動き(思考上でも、物理上でも)を感じさせる人物画だから、思わず見入ってしまう?
・個人的にタイトルと画の関係がいいなと思った作品
 →時雨、人形つかい、舞支度、麻、娘、待月、新蛍、夕暮 などなど